ロングタイプ(L40)の特徴

通常タイプの浣腸の使い方はこちら

ロングタイプの浣腸をぜひ、こんな方に使っていただきたい!!

介護等に使用している方に

特に寝たきりの高齢者の方。
身体の自由のきかない方。

挿入部が短くてご不満の方に

短い浣腸だと中に入らず液漏れしていた方。
介護の手の汚れが気になる方。

特に便秘にひどい方

数日間以上便通のない方。
従来型の浣腸を一度に2~3個使われる方。

病院で使用している同形の浣腸が欲しい方

ロングタイプは医療用浣腸として全国の病院で採用されています。

コトブキ浣腸L40

<使用方法>

(1)容器のキャップをつけたまま、温湯(約40°C)に2~3分つけて、体温近くまで温めます。
※ 温めることにより、不快な腹痛が少なくなります。
(2)キャップをねじりながら取り、容器内の空気を追い出します。
(3)先端部の周囲を浣腸液で潤すか、あるいはオリブ油、ワセリン等を塗布してください。
※ 挿入をよりスムーズにします。
(4)横向きに寝てひざを軽く曲げ、前屈の姿勢にするか、かがんだ姿勢にし、チューブをゆっくり肛門内に挿入します。
※ 立ってはしないこと
(5)チューブを片手で固定し、他方の手でボトル底部分を少し上向きに傾けて握り、空気層でゆっくりと浣腸液を追い出すように注入します。(こうすることで容器に残る浣腸液が少なくなります。)
※ 注入後、脱脂綿などで肛門を押さえて、なるべくがまんしてから排便してください。

注意
※ 無理に挿入すると、直腸粘膜を傷つける恐れがありますので注意してください。
※ 痛みや抵抗感を感じたら、よりゆっくりと挿入するか挿入を中止してください。

【注意事項】※立ってしないこと

左側を下に横向きに寝てひざを軽く曲げ、前屈の姿勢にします。

1) 自分でする場合
挿入時痛みや抵抗感を感じた場合、挿入を中止して入れ直してください。
(逆流防止スリット付きで、入れ直しても安全です!)
無理に挿入すると、直腸粘膜を傷つける恐れがありますので注意してください。

2) 他人にする場合
ゆっくりと挿入し、痛みや抵抗感がないかを確認しながら、注入してください。

ページの先頭へ