浣腸って何?


浣腸について

 皆さん浣腸薬って何かご存知ですか?
 昔ながらの便秘薬ですが、普段使用されている方でも成分は何か?なぜ効くのか?知らない人が多いようです。
 浣腸薬がどのようなものなのかご説明します。

そもそも浣腸って何?

浣腸の成分

 浣腸の主成分は何かご存知ですか?
 実は『グリセリン』が50%、『水』が50%なんです。
 ”グリセリン”は化粧品や食品にも使われているパームヤシを原料とする植物由来成分で、無色透明、やや粘り気があります。
 また、”水”は自社工場にて
イオン除去やろ過、殺菌された精製水を製造し浣腸薬に使用しています。

 浣腸薬の各成分については日本薬局方に準じており、
 一般的に売られている浣腸薬の処方は厚生労働省で決められた承認基準通りに製造されており効能・効果は
同じです。

なぜ浣腸って便秘に効くの?

 便秘は『3日以上便が出ていない』もしくはトイレに行っても『残便感がある』状態のことを言います。
 口から入った食べ物が胃や腸など各消化器官で栄養分や水分を吸収された残りカスが、大腸を通り『便』となります。


 本来直腸には便は溜まっておらずペチャンコの状態です。上から『便』が下りてくると、
 便が直腸を押し広げその伸展をセンサーが感知し便意を催し排便を行います。

 通常これで排便が起こりますが、トイレを我慢したり、ストレスで便意を感じなくなっている場合など
 直腸に便がたまった状態が続くと、直腸が拡大し大量に溜まらないと便意が出なくなってしまいます。
 早く出さないと便は固くなり、また大きな便を出すことは痛みや苦しさを伴います。

 そんな時、浣腸の出番です。


  浣腸のキャップをとり、肛門に深く挿入し、ゆっくりと薬液を注入します。
  その時、薬液が冷たい場合はおなかが痛くなりやすいので、温湯などで人肌程度に温めてください。
  ※12歳以上は30gを使用します。

上手な浣腸の使い方はこちら⇒


 グリセリンは吸水性が強いため、直腸に入ると、直腸内の浸透圧の関係で、腸壁から水分を引きよせます。
 その水分と浣腸の水分で便を柔らかくします。


 同時に腸壁に刺激が与えられることで、腸の蠕動運動が促され、トイレに行きたくなる、いわゆる便意を催します。
 この時、すぐに排便すると薬剤だけ出てしまうことがあり、使用後2~5分我慢してから排便するようにして下さい。


  このようにして浣腸薬は便を出やすい状態にし、便意を催させることで排便を促し、
 たまった便を体外に排出します。

  非常にシンプルな便秘薬です。

浣腸のメリット

 浣腸のメリットは大きく3つあります。

メリット1

使用した薬剤は、便と一緒に排便時に体外に排出されます。
飲む便秘薬のように体内に吸収されて作用されるのでないため副作用が少ない便秘薬です。

メリット2

浣腸は即効性があり2~5分で効果を発揮する便秘薬です。便秘で苦しい時つらい時はもちろん、翌日、会議や旅行なのでトイレに行きたくない場合などあらかじめ浣腸で排便時間をコントロールすることができます。

メリット3

浣腸は0歳の赤ちゃんからおじいちゃん、おばあちゃんまで使える便秘薬。
成分がグリセリンと水なので、みんなが使える便秘薬として幅広い世代に効果を発揮します。

 

 

 

便秘で苦しい時、つらい時は浣腸!溜まって固くなる前に便を出して健康的な腸内環境を保ちましょう! 

浣腸薬の違いについて

たくさんある商品やブランドの違いは何?

 一般的に市販されている浣腸薬は、厚生労働省の承認基準で処方が決まっているためどの商品も効能・効果は同じです。
 しかし、各社容器が違うため使用時の使用感や薬剤の残り具合、ノズルの長さなど特徴があります。

 自分に合った浣腸薬を見つけることをお勧めします。

容器について

 ムネ製薬では一般的に普及しているイチジク型容器に加え、液残りや押しやすさを改善したジャバラ型容器、
 特許を 取得した挿入時の摩擦抵抗を抑えた『スルッとウエーブ』ノズル容器、医療用医薬品で使わているような
 ロングタイプノズルの容器などお客様のシチュエーションに合わせた多種多様な容器を発売しています。

ページの先頭へ