1. ホーム
  2. 赤ちゃんの便秘 0さいから0歳から5歳まで

赤ちゃんの便秘・痔・浣腸シリーズ

監修:服部元史先生 東京女子医科大学教授

よくある質問
(1) べんぴかな?
(2) 浣腸はどんな時に使う?
(3) 赤ちゃんの便秘解消法
(4) 上手な浣腸の使い方

べんぴかな?
1) 母乳から離乳食に移行する時に便秘になる赤ちゃんが多いです。
2) 2〜3日ウンチがなくてもあわてないで下さい。 1週間近くでないこともあります。
3) 赤ちゃんが元気に動き回っていればしばらく様子をみましょう。
4) 歩いたり、運動量が増えていくと便秘も解消していく事もあります。
5) おっぱいを欲しがらない、お腹が張る、顔色が悪いなど普段と違う場合はお医者さんに相談して下さい。

浣腸はどんな時に使う?
3〜4日ウンチが無くて心配なら浣腸をして良いと思います。
それでも便秘が続くようならお医者さんに相談してください。
1歳未満の赤ちゃんへの浣腸は
1) 10gの半量約5gで充分です。容器側面の1/2横線で量ります。
2) 1/2線から上の薬液を廃棄して残量を注入します。
1歳未満の赤ちゃんに半分量より多く浣腸してしまい不安です
浣腸液は便と一緒に出てしまいます。多少多めでも心配はありません。
こより(綿棒)浣腸とは
1) 綿棒にベビーオイルかオリーブオイルを含ませてお尻の穴を刺激して排便を促す方法です。
2) ベビーオイルに浸した綿棒の先1〜2cm程をお尻の穴にゆっくりといれます。
   そろりと出したり入れたりします。
  (効果が速いのでおむつかタオルを敷いて準備をしてから浣腸してください)

赤ちゃんの便秘解消法
1)お母さんが出来るお腹のマッサージ。
赤ちゃんを仰向けに寝かしおへそを中心に回すように「の」の字に
マッサージしてあげましょう! 一日2回〜3回
2)十分な水分を摂取し、食事は植物繊維が多い物を。
サツマイモ、豆類、プルーンやオレンジの果汁など。

上手な浣腸の使い方
1) 浣腸容器を40℃位のお湯に入れ体温近くまで温めておきます。

2) 赤ちゃんの場合おしめを取り替える姿勢で挿入します。
  一歳未満は5g、容器半量です。

3) 幼児は膝を曲げて横向きに寝かせます。

4) 容器の先にベビーオイルかオリーブオイルをつけて滑りを良くして下さい。

5) 声をかけながらゆっくり、挿入して下さい。
   この時ハーッと息を吐かせると楽に入ります。
   容器ノズルの根本まで挿入します。

6) 容器をゆっくり押しつぶして薬液を入れて下さい。
7) 薬液が容器に少し残りますが効果は変わりません。
8) 薬液を入れたら、ゆっくり容器を抜きティッシュペパーで肛門を押さえ、しばらく待ちます。
9) 便意が強く我慢ができなくなるまで待ってから排便させます。
   1分〜3分ぐらい待ちましょう!

赤ちゃん用・子供用浣腸をお探しなら

赤ちゃん便秘は成長が関係していることが多いため、便秘が続いても元気に過ごしているのであれば問題ありません。便秘が3、4日続くようであれば便秘解消の手段として、ぜひ浣腸をご利用ください。1歳未満の赤ちゃんには容器の半量(約5g)にすることで、使用できます。使用後の浣腸薬は体内に吸収されずに便と一緒に排出されますので安心です。便が固くなる前に浣腸で出すことが大事です。